雛桜の日本を気ままに1人旅!

1人旅の魅力にハマった男の、自由気ままな旅行ブログです。

秋田の小京都「角館」に行ってみた!

秋田県の観光スポットと言えばパッと思いつく方も多いのではないだろうか。

「角館」武家屋敷群が残る東北随一の観光スポットである。

ちょっとベタかもしれないが、知らない方も沢山いると思うので、今回は角館に立ち寄った時の事をまとめてみました。

・鈍行列車で行くことなかれ!!

18切符のシーズンにもなり、鈍行列車で行ってみようというそこの彼方!!

その選択は間違っている。大曲方面からのアクセスはまだ良いのだが、盛岡から角館に向かう際は、時刻表に細心の注意を払うべきである。

始発列車5時20分を逃した場合、次の列車はなんと14時22分。

約9時間途方に暮れる事になる。

その為、盛岡から向かう人は新幹線に課金する必要があるのだ!

実際、私も新幹線を使いました。新幹線なら1時間に1本走ってるから安心だよ(笑)

・いざ!武家屋敷群へ!!

盛岡駅から約50分。角館駅へとやって来ました。

駅を出たらすぐに武家屋敷!とはいきません。

駅から武家屋敷群のある地区までは、徒歩で約15分ほどかかります。

途中、お土産物屋さんなどがありますので、寄り道しながら歩くのも楽しいかもしれません。

そしてついに、武家屋敷群とご対面です。

f:id:hinazakura8633:20180730193950j:plain

f:id:hinazakura8633:20180730194005j:plain

f:id:hinazakura8633:20180730195342j:plain

柳の木や桜の木の葉が、黒塗りの壁とマッチしてすごい幻想的な雰囲気を作り出しています。外国人がここを訪れたのならきっと

「Wow!!Amazing!!」

と言うこと間違いないでしょう。(私の独断と偏見が混ざっております。)

まあ、もし私が外国人だったらそう言ってるかもしれないですね。それくらいきれいな光景でした。

武家屋敷群の中には現在も使用されている家もあるようです。また、武家屋敷を公開していない家の表札にはしっかりと「非公開」と書かれているのには少し笑ってしまいました。

屋敷の敷地内にも入る事ができ、外からになりますが家の中を見学することが出来ます。

f:id:hinazakura8633:20180730194943j:plain

f:id:hinazakura8633:20180730194957j:plain

f:id:hinazakura8633:20180730195233j:plain

歴史好きな人にはピッタリの場所です。

また、今は緑に覆われた道沿いの風景も、春には桜・秋には紅葉・冬には雪景色のように、四季折々の風景を楽しむことが出来るのも大きな魅力の一つです。

他にも、人力車に乗って観光するのも乙なものです。料金は少々かかりますが、そこからしか見えない絶景が見られそうです。

f:id:hinazakura8633:20180730193857j:plain

なんとも風流な絵になりますね~

 

武家屋敷の他に、もう一つ行ってみたい場所があったので、行ってみることにします。

場所は歩いて5分位の場所にある桧木内川沿いの河川敷です。

ここに植えられているのは桜の木なので、春には絶景が見られることでしょう。

f:id:hinazakura8633:20180730200457j:plain

f:id:hinazakura8633:20180730200515j:plain

今の季節は緑のトンネルになっています。

この景色を見ているととてもリラックス出来るので、来て良かったです。

川沿いなので、気持ちいい風が吹き抜けます。

 

もしお腹が空いても大丈夫!道沿いには飲食店もあるので、立ち寄って見て下さい。

稲庭うどん比内地鶏の親子丼・きりたんぽ鍋 秋田の郷土料理を楽しめますよ!

f:id:hinazakura8633:20180730200738j:plain

f:id:hinazakura8633:20180730200755j:plain

f:id:hinazakura8633:20180730201059j:plain

こんな所で今回の記事は終了です。結構ベタな内容だったかもしれませんが、楽しんで頂けたのであれば幸いです。

もう少し投稿のペースを早く出来るようにしないとな~

次回の記事もお楽しみに!!

 

goo.gl