雛桜の日本を気ままに1人旅!

1人旅の魅力にハマった男の、自由気ままな旅行ブログです。

2年ぶりの自転車旅行 in長野県 ①(長野市街~白沢洞門)

・2年ぶりの自転車旅行

今回の旅行は自転車(クロスバイク)を使った旅行になります。

自転車に乗るのは約2年ぶり!まともにトレーニングもしていないので、果たしてゴール出来るのだろうか。期待と不安を胸に、今回の旅行の舞台「長野県」へと向かいます。

長野までの移動手段は新幹線です。勿論ですが自転車をそのまま持ち込むことは不可能なので、解体して輪行袋にまとめます。これで問題なく新幹線に乗ることが出来ます。

長野到着後はネットカフェで休息後、朝6時頃に出発をします。

・長野~鬼無里

あっという間に朝になりました。天気は快晴!絶好のサイクリング日和です。

f:id:hinazakura8633:20180618235815j:plain

長野市内へと出たら、善光寺の前を通過して戸隠方面へと向かいます。

途中、西長野のコンビニで朝食と水分補給をしました。情報によると、ここから先にはコンビニが無いとの事だったので、戸隠や白馬へと向かう方はここで補給するのをおススメします。

f:id:hinazakura8633:20180619000533j:plain

コンビニを出てから約10分。住宅街が広がっていた景色は一変!あたりは山しか見えなくなりました。そして道の勾配も少しすつ急になっていきます。それでも周りを見れば絶景なので、キツイとかそんな感覚にはまだなっていません。

f:id:hinazakura8633:20180619001000j:plain

f:id:hinazakura8633:20180619001019j:plain

戸隠方面に進むにつれて勾配もかなりきつくなってきました。おまけに道幅も狭くなってきたので、対向車や後ろから来る車には注意しなくてはいけません。

f:id:hinazakura8633:20180619001302j:plain

トンネルも多くなってきました。ライトの明るいトンネルは良いのですが、暗いトンネルだと道路状況が分かりづらいのでかなり神経を使います。体力よりも精神の疲れが多い区間です。

鬼無里に到着!

長野から約2時間。白馬の中間地点である鬼無里に到着しました。「鬼無里」なにか歴史のありそうな地名ですね。(あとカッコイイ!!)

鬼の無い里ということなのでしょうか。ここから北西の方角には青鬼と呼ばれる集落が存在します。もしかしたら何か関連があるかもしれません。

とりあえず鬼無里に着いたので、少し街を散策することにしましょう。

鬼無里神社

立派な鳥居が目印。街の中心部にあってシンボルのような存在かも?しれません。

階段を上がっていくと立派な社殿がありました。

f:id:hinazakura8633:20180619002110j:plain

 

f:id:hinazakura8633:20180619002320j:plain

f:id:hinazakura8633:20180619002403j:plain

ペダルを回してきた足にはこの階段でもかなりツラいです。

鬼無里の中心部を少し離れた場所。

川と山々の織り成す風景が素敵です。ここは道が二股に分かれていて、左に曲がると小川村。天文台のある場所に辿り着けます。

今回は白馬方面へと向かうので、右へと曲がっていきます。

f:id:hinazakura8633:20180619002824j:plain

f:id:hinazakura8633:20180619002844j:plain

少し進んでいくと左側に大きな施設が見えてきます。農産物直売所や食事処などがあり、道の駅のような役割をしていました。今回は営業時間外だったので、次来るときは寄ってみたいです。

 

・白髯神社

R406号線から少し離れた場所にあるこの神社。なせ寄ったかと言うと、雰囲気が好きだったから。山里を見守るように鎮座するこの神社には行ってみないと分からない魅力がありました。

f:id:hinazakura8633:20180619003746j:plain

f:id:hinazakura8633:20180619003855j:plain

f:id:hinazakura8633:20180619004314j:plain

この他にも鬼無里には絶景スポットや観光スポットが沢山あります。アクセスは大変ですが、一度訪れて欲しい所でした。

鬼無里~白沢洞門

鬼無里でのプチ観光を終えた私は、次なる目的地「白沢洞門」へと向かいました。

長野~鬼無里までの道のりも中々にハードでしたが、ここからは勾配が更にきつくなっていきます。

f:id:hinazakura8633:20180619004936j:plain

温泉施設 鬼無里の湯を過ぎた辺りから勾配がきつくなっていき、S字カーブも多くなっていきます。それに応じて写真を撮る余裕がなくなっていき、ただひたすらにペダルを回すことに集中します。

鬼無里の湯周辺の景色です。水車小屋を見ると田舎に来たな~と実感します。道端には菜の花が咲いていて、まだ春なんだと感じました。(旅行をしたのは5月中旬です)

f:id:hinazakura8633:20180619005353j:plain

f:id:hinazakura8633:20180619005430j:plain

鬼無里の湯を出発してから約1時間半。待望の瞬間が訪れます。

白沢洞門に到着しました。長かったヒルクライムはもう終わり。ここからは至福のダウンヒルが待っています。

でもその前にこの洞門の先にある美しい景色を見ることにしましょう。

f:id:hinazakura8633:20180619010111j:plain

もうすぐ・・・

f:id:hinazakura8633:20180619010138j:plain

スゲ~~~~!!!

f:id:hinazakura8633:20180619010320j:plain

頑張った者にしか味わえない最高の瞬間でした。今までの疲れが吹き飛ぶ!とはいきませんが(笑)

それでも今までの努力が報われた。そんな感じがしました。

f:id:hinazakura8633:20180619010603j:plain

f:id:hinazakura8633:20180619010701j:plain

一緒に頑張った相棒も撮影します。この写真が撮りたくてこの場所に来たといっても過言ではないです。

 

今回はここまでとなります。次回は白馬周辺の観光です。

それでは次回もお楽しみに!