雛旅 日本の魅力届けます!

日本の魅力を探す旅。まだ見ぬ景色を探索中です。

三江線 ~眠る33の駅舎たち~ 後編

投稿が遅くなり申し訳ございません。仕事が忙しく、なかなか投稿出来ませんでしたm(__)m

・乙原駅

f:id:hinazakura8633:20180512213512j:plain

しっかりとした待合室があります。街灯が灯れば、かなり良い雰囲気がありそうな感じがします。

f:id:hinazakura8633:20180512215944j:plain

ホームは緩やかなカーブを描いていて、個人的に好きな構造でした。

f:id:hinazakura8633:20180512220138j:plain

駅の周りには集落が広がっています。駅は集落よりも少し高い場所にあります。

・竹駅

駅周辺に竹藪などは確認出来ませんでした!!

もしかしたらあるのかもしれませんが、なぜこの駅名になったのか気になる駅です。

f:id:hinazakura8633:20180512220447j:plain

f:id:hinazakura8633:20180512220913j:plain

ブロック塀で出来た駅舎。

f:id:hinazakura8633:20180512220501j:plain

江の川を渡って反対側には、明神岩と呼ばれる岩がありました。中々の絶景でした!

写真はありませんが・・・

木路原駅

f:id:hinazakura8633:20180512221051j:plainホームにあるポスト?が良い雰囲気醸し出しています。

なんか秘境駅のような写真になりました。

f:id:hinazakura8633:20180512222753j:plain

f:id:hinazakura8633:20180512222843j:plain

f:id:hinazakura8633:20180512222929j:plain

駅近くにある木路原天満宮のムクノキ。ねじれた幹や苔が生えてるところが何とも言えません。

石見川本駅

三江線の主要駅の1つで、この駅始発の列車も設定されていました。

駅周辺には飲食店もあり、何もない三江線沿線のオアシスのような存在です。

f:id:hinazakura8633:20180512224604j:plain

f:id:hinazakura8633:20180512224648j:plain

三江線車両が3編成連結されています。こんな光景ももう見られないんですね。

f:id:hinazakura8633:20180512225044j:plain

f:id:hinazakura8633:20180512225140j:plain

川本の街をみ見渡せる場所にある弓ヶ峯八幡宮。石州瓦の建物が立ち並んでいる光景を見ると、山陰地方に来たんだなと実感しました。

因原駅

駅舎の横には郵便局が!駅が閉業になってからも、この駅は現役で活躍することが確約されているようです。

f:id:hinazakura8633:20180512225523j:plain

f:id:hinazakura8633:20180512225542j:plain

昔は交換可能駅だったんでしょうね。

f:id:hinazakura8633:20180512225638j:plain

駅舎の中には、三江線の写真が飾ってありました。かなり昔の写真もあったので、結構楽しめました。

鹿賀駅

隣の因原駅は結構な町中にあったのですが、こっちまで来ると田んぼしかありませんでした。まあ、この風景も嫌いじゃないんですけどね。

f:id:hinazakura8633:20180512230018j:plain

f:id:hinazakura8633:20180512230103j:plain

駅の横に植えられた木がなんとも言えません。この駅が閉業になったらどうなるのでしょうか。

f:id:hinazakura8633:20180512230243j:plain

駅舎の側面をよく見ると、洪水によって浸水した地点が表示されていました。完全に私の背丈よりも高いです。なんて怖い場所なんだ!!

江の川の恐ろしさを感じました。

石見川越駅

駅の周りには郵便局と今にも落っこちそうな場所に建つ美容院?がありました。

f:id:hinazakura8633:20180512230805j:plain

駅よりもこっちに目が行ってしまいます。柱をいくつか折れば完全に倒れますね。

f:id:hinazakura8633:20180512230956j:plain

f:id:hinazakura8633:20180512231016j:plain

駅舎の雰囲気も最高でした!昔にタイムスリップしたような感じでした。写真からも分かるように、昔は有人の駅舎だったんですね。

f:id:hinazakura8633:20180512231325j:plain

f:id:hinazakura8633:20180512231427j:plain
駅とは関係ないのですが、鹿賀~石見川越間には線路の脇に小さな滝が流れている場所があります。列車との2ショットが撮りたかったのですが、あと2時間待たなければなりませんでした。

田津駅

ホーム脇には大きな木が植えられています。夏になると駅を覆うように青々とした葉っぱを付けてくれるのでしょう。待合室は開放型ではありませんでした。

f:id:hinazakura8633:20180512234355j:plain

f:id:hinazakura8633:20180512234443j:plain

このアングルからの写真良いです!

f:id:hinazakura8633:20180512234840j:plain

f:id:hinazakura8633:20180512234918j:plain

f:id:hinazakura8633:20180512234928j:plain

田津~川戸間にあるトンネル達。

どれも魅力たっぷりで、飽きさせません!道路と線路の間に柵がないのも良い!!

川戸駅

桜江という地名ですが、駅名は川戸です。江津市の庁舎があるので、人通りも車通りも他の駅に比べてはるかに多いです。

f:id:hinazakura8633:20180512235448j:plain

f:id:hinazakura8633:20180512235502j:plain

駅舎も立派ですが、なんといっても駅の横に自動販売機があるのが凄い!三江線の駅では中々見られないレア?な光景だと思います。

f:id:hinazakura8633:20180512235718j:plain

この駅も昔はもう1つ線路があったのでしょう。反対側にはホームの後がありました。

川平駅

線路沿いの道を進んで行けば良いと考えていたら行き止まりになりました(泣)

国道側から橋を渡って行くのが正規のルートみたいです。

駅舎は昭和の匂いが漂う良い雰囲気。

f:id:hinazakura8633:20180513000115j:plain

f:id:hinazakura8633:20180513000136j:plain

この駅にも窓口がありました。結構窓口のある駅が多い印象です。

f:id:hinazakura8633:20180513000316j:plain
この待合室も昔は人で賑わっていたんでしょう。

千金駅

正直、駅に辿り着くのにかなりの時間がかかりました。(道に迷いました)

線路沿いの道路から小さな道を山の方へと進んでいくと、突然現れました。駅周辺には民家が1軒。ほんとにここの家の人のために作られた駅といっても過言ではありません。

f:id:hinazakura8633:20180513000840j:plain

f:id:hinazakura8633:20180513000855j:plain

本当に誰が利用するの!?と思ってしまう光景です。

f:id:hinazakura8633:20180513001034j:plain

人も来なければ、列車も来ない。1人の時間を楽しめます。

・江津本町駅

三江線の旅もついに最終駅へと到着致しました。この駅の見所は何といっても前を流れる江の川雄大な景色です。

f:id:hinazakura8633:20180513001633j:plain

f:id:hinazakura8633:20180513001734j:plain

やっと終わった!そんな達成感と一緒に、寂しさも込み上げて来るのでした。

f:id:hinazakura8633:20180513001741j:plain

・最後に

今回はこんな私の三江線訪問記を見て頂き、本当にありがとうございました。

三江線は2018年の3月末をもって廃線となりましたが、古い歴史をもっていて、多くの人から愛されるローカル線でした。(車内のおかしな程の込み合いが、それを物語ります。)今回の廃線で閉業となる33の駅舎たちのことをどうか忘れないであげて下さい。私も忘れる事はないと思います。