雛桜の日本を気ままに1人旅!

1人旅の魅力にハマった男の、自由気ままな旅行ブログです。

三江線 ~眠る33の駅舎たち~ 前編

2018年3月31日をもって廃線となった三江線。今回はそれによって無くなった33の駅について紹介したいと思います。

三江線について簡単に紹介!

三江線広島県の三次駅から島根県江津駅を結ぶ全長108.1kmの路線。線路が大河川江の川を沿うように走っているので、線形がうねうねしているのが大きな特徴。その影響で高速運転が出来ないので、制限30kmの看板がよく出現する。2018年3月をもって全線が廃止となるため多くの鉄道ファン・観光客が三江線を訪れている。

駅舎の紹介!

尾関山駅

今回紹介するのは今回の廃線で無くなる駅舎を紹介するので、三次駅は紹介しません。

尾関山駅は三次の次の駅になります。近くには尾関山公園があり、頂上からは三次の街が一望できます。桜や紅葉の名所としても有名。

 

f:id:hinazakura8633:20180303211239j:plain

f:id:hinazakura8633:20180303211147j:plain

駅の周辺は住宅街が広がっています。三江線の本気はまだ出ていません!名所案内にも尾関山公園の文字があります。

f:id:hinazakura8633:20180303211646j:plain

三次方面。線路は1面1線です。

粟屋駅

尾関山では住宅街だった風景は一変!山と畑が出現しました。雪も少し残っていて、山の中に入ってきたんだな~って感じがします。

f:id:hinazakura8633:20180303211953j:plain

f:id:hinazakura8633:20180303212146j:plain

ホームからの雰囲気もかなり変わってきました。田舎の駅舎って感じです。

f:id:hinazakura8633:20180303212235j:plain

三江線への感謝の言葉が飾られていました。2駅目にして目頭が熱くなっていました。

長谷駅

三江線の中でも屈指の秘境駅と知られているこの駅。駅からは江の川雄大な景色を見ることが出来ます。

f:id:hinazakura8633:20180303212751j:plain

こんな所に駅が!?と思われても不思議ではない。

f:id:hinazakura8633:20180303213047j:plain

かなり雪が積もってます。ホームから見る江の川すごく綺麗でした!

f:id:hinazakura8633:20180303213219j:plain

三次方面の終電はなんと9時!江津方面の始発は14時!なんて不便な場所なんだ~

江津に行くには必ず乗り換えが必要みたいですね(苦笑)

f:id:hinazakura8633:20180303213642j:plain

駅舎は木造です。冬は寒さが厳しそうな地域みたいですが、防寒対策は全くされてないみたいです。隙間風がバンバン入ってきそうです。

船佐駅

駅前には集落?があります。しかし他に何もない・・・

f:id:hinazakura8633:20180303214204j:plain

f:id:hinazakura8633:20180303214233j:plain

ホームは完全に雪で覆われていました。ここは本当に広島県なの!?って疑ってしまいます。

f:id:hinazakura8633:20180303214409j:plain

日が当たってる場所はしっかり溶けてるんだね。ちなみに右側に映っている住宅へ行くには線路を横断する必要があります。なんか勝手踏切なのがあったけど、たぶんここの人が作ったのかな。

所木駅

f:id:hinazakura8633:20180303215153j:plain

駅の近くには橋が架かっていて、対岸に渡ることが可能。結構利用者もいるんじゃないかな。

f:id:hinazakura8633:20180303215230j:plain

三江線の駅には駅名標の他に、石見神楽の演目にちなんだ愛称があります。所木駅は「玉藻の前」です。

f:id:hinazakura8633:20180303215918j:plain

駅の近くに架かる橋。対向車が来たらどうしようも出来ません。

f:id:hinazakura8633:20180303220054j:plain

橋から眺める江の川

信木駅

f:id:hinazakura8633:20180303220242j:plain

f:id:hinazakura8633:20180303220327j:plain

駅前は段々畑になっていました。所々に民家もあります。

f:id:hinazakura8633:20180303220652j:plain

江津方面ホームの先端。1両分くらいのホームが取り残されていました。昔はもっと長い編成の列車が走っていたのでしょうか。

式敷駅

交換可能駅。駅舎もかなり立派な造りになっています。

f:id:hinazakura8633:20180303221748j:plain

三角屋根が特徴の駅舎。

f:id:hinazakura8633:20180303221923j:plain

f:id:hinazakura8633:20180303222351j:plain

 1面2線でホームには一部ですが屋根もついています。駅舎のある側は結構栄えています(三江線の沿線にしては)が、反対側には畑が広がっていました。

 

香淀駅

駅舎はログハウスのような造りをしていて豪華!公民館的な施設でも併設されているのかと思いきや、ここは駅だけです。

f:id:hinazakura8633:20180305210315j:plainすごい立派!あと少しで廃線になる鉄道の駅とは思えません。廃止になってからもこの駅舎は生きていけそうです。

f:id:hinazakura8633:20180305210410j:plain

f:id:hinazakura8633:20180305210633j:plain

駅の近くには民家があります。利用者はそれなりにいそうな感じです。

作木口駅

旧作木村の玄関口として村の人々に利用されていたこの駅。ホームへ上がるための階段も鉄筋で出来ていて頑丈でした。駅の前には神社があったので参拝してみました。

f:id:hinazakura8633:20180305211037j:plain

f:id:hinazakura8633:20180305211316j:plain

この神社も何十年もの間、この駅のことを見守ってきたのでしょう。そのタイムリミットがもうすぐ近づいてきています。

f:id:hinazakura8633:20180305211419j:plain

・江平駅

駅の後ろには急な斜面が迫っていた。この斜面を登ったところにある上田という集落には、斜面を利用して作られた棚田があるみたいです。

f:id:hinazakura8633:20180305212310j:plain

f:id:hinazakura8633:20180305212333j:plain

駅裏にある民家。玄関の先には柵がない!大丈夫なのか・・・

f:id:hinazakura8633:20180305212555j:plain

 江平駅の桜は、廃線までに咲き誇ることが出来るのだろうか・・・

口羽駅

三江線の中ではかなり主要駅の部類に入ると思う。この駅止まりの列車も走っているので、利用者もそれなりにいるとのかな?駅から少し離れた所には集落があり、結構賑わっていた。

f:id:hinazakura8633:20180305213323j:plain

f:id:hinazakura8633:20180305213413j:plain

f:id:hinazakura8633:20180305213429j:plain

口羽駅の駅舎と駅舎内。座布団が用意されていて、長時間の滞在も安心?

ここにも「三江線ありがとう」の文字が。どうか残りの期間頑張って活躍してほしいものです。

前編はここ口羽駅までとなります。中編もお楽しみに!