雛桜の日本を気ままに1人旅!

1人旅の魅力にハマった男の、自由気ままな旅行ブログです。

東北屈指の紅葉名所 鳴子峡へ!

テレビなどでも取り上げられている宮城県の紅葉名所「鳴子峡」。今回初めての訪問です。

東京から高速バス・列車を乗り継ぎ、最寄り駅の鳴子温泉駅へ到着しました。平日にも関わらず、駅には溢れんばかりの乗客がホームへと降りていきます。駅から鳴子峡へは紅葉シーズンになると臨時のバスが運行されます。しかし、このバスにも大勢の乗客が・・・ 鳴子峡に到着するまでに結構な体力を消耗しました。(笑)

 

バス停から歩くこと約3分。目の前に現れた光景に驚かされました!

f:id:hinazakura8633:20180123184218j:plain

黄色・オレンジ・赤など、様々な色に彩られた鳴子峡。関東ではなかなか見ることのできない絶景です。やっぱり紅葉の名所だけあって期待を裏切らないですね。

近くに渓谷に降りられる階段があったので降りてみることに。所々地面が濡れているので、滑らないように注意して歩いていきます。

f:id:hinazakura8633:20180123204821j:plain

f:id:hinazakura8633:20180123204847j:plain

f:id:hinazakura8633:20180123205245j:plain

紅葉を楽しみながら渓谷の一番下へと降りてきました。V字谷になっていて、川の水に浸食された岩の迫力がすごいです。

自然の力て凄いな~。

 

そして最後はこれの撮影です。

f:id:hinazakura8633:20180123210344j:plain

鳴子峡を渡る陸羽東線の列車。

鉄道ファンの間でも有名な撮影地として知られています。ここへ来たら絶対に撮ろうと思っていたので、良い写真が撮れて満足です。

 

鳴子峡の近くにはレストハウスがあり、お土産や軽食が販売されています。

もし、散策をして小腹が空いてきたらここで食べるのも良いかもしれないです。また、鳴子峡の周辺には様々な温泉があるので、散策で疲れた体を癒すのにもってこいです。私も帰りに鳴子温泉駅近くにある日帰り温泉に寄ってきました。

紅葉と温泉の街 鳴子に大満足の1日となりました。

Google マップ